食器棚 荒削りします。

栗,接ぎ材

昨日、食器棚の部材を荒削りして、少し立てて置いておきます。

表面のほこりを取り除き木材が呼吸しやすいようにして、自由に変形してもらいます。

この後に加工をすると後々、反りやねじれが出にくくなります。

栗,接ぎ材

栗,接ぎ材

本体、天板・側板・底板材

栗,背板・底板

栗,背板・底板

栗,抽斗底板

栗,抽斗底板

この状態で1週間ぐらい置いておきます。

 

関連記事

  1. モザイクキャビネットの脚

    モザイクキャビネット の 脚組み立て。

  2. 作品展の加工

    作品展の加工のつづき2

  3. 収納棚の組み立て

    収納棚 の 組み立て

  4. 作品展の加工の続き

  5. 作品展用の加工

    作品展用の加工はいりました。

  6. Quleの木工展

    木工展のDMが出来てきました。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031