展示台の腰板

展示台 腰板

展示台の四周をタモ材の柾板で巻いていきます。

展示台 腰板
展示台 腰板

木目がタテのほうがいいということで腰板に蟻溝を引いてスライドしてはめ込んでいます。

後々縮むと思うが今は考えても仕方がないので、どんどん組み上げていきます。

無垢材を使ったオーダー家具工房Qule|大阪
大阪府羽曳野市広瀬276
☎ 072-956-0245
携帯 090-3718-5143

関連記事

  1. テーブル脚

    ローテーブルをテーブルにリメイク 完成

  2. カウンターテーブル 分解

    カウンターの分解。

  3. ダイニングテーブルの塗装

  4. ローテーブルの脚加工。

  5. ダイニングテーブル

    展示テーブルをリメイクして

  6. ネストデスクの塗装とローテーブルの脚

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2019年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31