ローテーブルをテーブルにリメイク 完成

テーブル脚

展覧会用の小さなテーブル完成です。

まずは、天板の形状です。吸付き桟(反り止材)を入れる前に大体の大きさ形まで決めていましたが、最終的な形になるまでに、少し時間がかかりましたがいい感じに曲線がつながりました。

脚の太さは、太くしたくなかったので、できる限り細くしたつもりですが、まだ太いような気もしますし、細いとぐらつきが出るかもしれないので難しいところです。

テーブル脚

テーブルの脚、八角形にしてみました。

55角のナラ材を使って、2枚ホゾの脚加工

テーブル天板

テーブルの天板

天板の長さは、50cmぐらい短くして、綺麗な杢だけをうまく残せるように曲線をつなげようとしました。お豆さんのような形になりました。

これで、8月末の展覧会用にまず1つ製作完了です。DMも作っていけます。

展覧会が始まりましたら、全体画像を載せていきます。

関連記事

  1. 作品展用のオリジナルのダイニングテーブル

  2. ケヤキの門扉材

    ケヤキの腰板

  3. リビングテーブルの脚の削りだし、なかなか大変です。

  4. 寄木テーブル

    寄木テーブルの納品です。

  5. 持ち込みの板

  6. テーブルのリメイクの納品。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2018年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

無垢材家具専門店のオーダー家具工房Qule|大阪をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む