家具工房Quleがオーダー家具に使用している無垢材・植物オイルについて

 

無垢材・・・木のことです

木の持つ色合いや風合いを生かしつつ作るようにしています。

また、部材ごとに好ましい木の部分を使うようにして、強度があり、

反り・捻りに対応していきます。

(家具工房Quleでは、ベニヤ板を使わず無垢材だけを使って製作しています。

 しかし、お客様の要望によっては、ベニヤ板を使用することもあります。)

 

木材には、乾燥材とそうでないもの(生木)の売買がされています。

・乾燥材は、買ってすぐに加工することができ歩留まり良いですが価格は高くなります。

・生木は、乾燥する時間がかかりますが価格は乾燥材と比べて安価に上がります。

 乾燥には、厚さ1寸(3cm)につき1年といわれています。

 また、この乾燥期間に割れなどが起こり、使い物にならないときもあります。

 

家具工房Quleで一般的に使っている樹種は、⇒ こちら

 

 

植物オイル塗装・・・亜麻仁油・桐油・荏油などと、数種類の植物オイルを混ぜ合わせたオイルを使用しています。

オイル塗装は、木に浸透させ硬化して塗膜を作り、汚れが付きにくいようになります。

また、薄い塗膜ですので、無垢の木の肌触りや風合いを感じていただけます。

ですが、オイル塗装は、熱いものには強くないので、熱いものを直に置かないことをお願いいたします。

 

 家具工房Quleのオーダー家具に使用している塗装は、植物オイル塗装

(オイルフィニッシュ塗装)を一般に使用していますが、お客様の要望により

ウレタン塗装も行っています。

 ウレタン塗装は、お客様の要望により店舗家具とダイニングテーブルの天板に

塗装することが多いです。

 

 

 

オーダー家具工房QULE