ダイニングチェア 座面の削りから組み立て

ダイニングチェアの座面の削りから

座面の鉋かけ

グラインダーで荒削りをして、四方反りカンナで座面の形を整えます。

座面の削り完成。

これで栗材のダイニングチェアの部材がそろいましたので、一度予備のダイニングチェアで仮組をしていきます。

ダイニングチェアの仮組

仮組をして、一度座ってみて座り心地を確かめます。

座り心地は、笠木角が背中に当たりいまいちなので、組み立てたまま笠木を反り鉋で削り直し、座り心地がいいところまで、削っていきます。

さて、本番の組み立てですが、組み立て途中の写真は撮れませんでした。というかそれどころではなかったです。

ダイニングチェアの組み立て完了

https://www.facebook.com/sizen.no.bi

https://www.instagram.com/qule.furniture/

関連記事

  1. パイン集成材の本棚、納品でした。

  2. 電話台(収納家具)の製作を始めていきます。

  3. ナラ材のキッチンボード(食器棚)の加工の続き。

  4. ナラ材の食器棚の引き戸と抽斗の仕上げ。

  5. 少し時間ができたので。

  6. 下足箱の木取り

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031