カップボードの製作 はじめから本体組立てまで。

カップボードの製作を始めていきます。今回のカップボードはカフェで使われる予定です。

使用樹種はウォールナット材を使います。

初めに木取りをして、正規の厚みよりも少し厚めに両面削って乾燥されます。

本体の厚板の乾燥。

このまま1週間、空気触れさせて、ねじれや反りを自由にしておいてもらいます。そうすると加工中のねじれや反りが随分と緩和されるので、

接ぎ合わせ1
接ぎ合わせ2

これで1日目が終わり。明日は、底板と背板の接ぎ合わせを

その板と背板の接ぎ合わせ。

日付が変わって。長物の加工を

長物の加工

この後、接ぎ合わせしていた板材を寸法にカットして、墨出しです。思っていたよりも時間がかかり墨出しで、一日が終わりました。

明日からは墨出しの残りを済ませてから、ホゾ穴加工に入っていきます。

ホゾ穴加工

この後組手加工をして、仮組をして確認します。

これで、加工は、背板と底板を除いて完成したので、背板と底板以外で仮組をします。

仮組

今回は棚板も固定なので、仮組の矩手を確認しながらに時間がかかりました。

さて、組み立てです。

食器棚本体の組み立て1日目から6回目で完成です。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. 持ち込み板

  2. カウンター下の本棚 仕上げ。

  3. 額縁(フレーム)の製作です。

  4. ウォールナット材のセミダブルベッドの塗装を始めます。

  5. ベッドの接ぎ合わせ。

    ベッドの接ぎ合わせ。2回目

  6. ナラ材の食器棚の接ぎ合わせを始めていきます。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930