栗材を使って陳列棚の製作をはじめます。

栗材を使って陳列棚をを製作を始めていきます。

今使っているものは、1スパンが狭いので、なるべく広くしたいということでできる範囲で広げてるようにします。

でも、重量がかかるので、少し心配です。

まずは、木取りから

栗材の木取り

この後、欠点を省きながら接ぎ合わせてしていき、

結構な量がありますね。思っていたよりも長いので、クランプが足らないです。

昨年一枚板の厚板3枚分をつぶして用意していた薄板全部使ってしまいました。

なかなかの量です、接ぎ合せるだけでも3日近くかかってしまいました。

次は、角材の段取り。

ホゾ加工をして、溝引きで角材の加工完了。

これで、一応はすべての加工完了。

この後、仕上げをして組み立てです。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. ワーキングデスクの接ぎ合わせ。

  2. ダイニングテーブル オイルフィニッシュ塗装

    ダイニングテーブルの塗装

  3. 着物チェストの抽斗

  4. ナラ材の食器棚の接ぎ合わせを始めていきます。

  5. 着物チェスト 組手加工

  6. 持ち込みの板

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31