タモ材を使ってカウンターキッチンの製作を始めます。

タモ材を使ってカウンターキッチンの製作を始めていきます。

まずは、木取りから始めますが、綺麗な木目か削ってみないとわからないので、いつも時間がかかります。

板材の木取り

今回の板材は少し白太部分が多そうなので、少し多めに板材を荒削りをして、1週間簡易乾燥させます。

荒削り

続いて、角材の木取り。思っていたよりも多くの部材が必要でした。

これで大方の部材の段取りは終わりました。欠点がでてきたら、また作り替えないといけないけれども…。

まだ、乾燥まで時間があるので、抽斗内部の木取りもしておきます。

抽斗内部の側板向う板は、タモ材の柾板で、底板は板目も混ぜて段取りをしておきます。流石に抽斗10杯となると大量です。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. 真樺材のダイニングテーブル加工を始めます。

  2. ナラ材のモザイクチェスト無事に到着してホッとしました。

  3. ワーキングデスクの反り止め加工

  4. コーナー棚のオイルフィニッシュ塗装

  5. タモ材の小抽斗の製作をしていきます。

  6. 小さな収納家具の最終調整をして完成。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

無垢材家具専門店のオーダー家具工房Qule|大阪をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む