タモ材のキッチンカウンターの加工の続き

タモ材のキッチンカウンターの加工の続きです。

先にホゾを作ったので、ホゾを見ながら接ぎ合わせをした部材にホゾ穴の位置を墨付けをしてホゾ穴をあけていきます。

後、溝を引いていかないといけないが、先に仮組をして確認をしていきます。

仮組を確認して、溝の位置もわかったので、一旦分解して溝引きをして、

接ぎ合わせの目違いを削って仕上げていきます。ここまで出来たら本番の組み立てです。

今回は組み立てに手こずりましたので、組み立て中の画像はないです。

天板以外の本体組立て。

ここまでくれば、あと少しです。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. 本棚 タモ材

    本棚 抽斗組み立て。

  2. チェアのスポーク加工

  3. 栗材のキッチンボードと吊戸棚の塗装

  4. ナラ材のカウンター下食器棚の組み立てから塗装まで。

  5. 着物チェスト 背板・底板の接ぎ

  6. フレームの加工

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930