栗材の食器棚018の製作始めます。

みえるところはきれいな木目になるように木取りをして見えないところは少し小さな節がある物を使っていきます。

今回は10日ぐらい乾燥させます。前のお仕事が手こずったので。

側板と天板などの板材になるところの接ぎ合わせ。

これだけ接ぎ合わせて入れは加工に入っていけます。

少し時間が空いたので、先に可動棚板の木取りをしておきます。

可動棚板の木取り

これで1週間が過ぎていきました。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. モザイクチェストの脚と抽斗の製作を

  2. キッチンボードの抽斗

  3. 栗材の食器棚の抽斗の加工に入ります。

  4. マカバ材のテレビボードの塗装を始めます。

  5. フレームの組立て

    ハガキフレームの組み立て。

  6. 栗の食器棚 背板

    栗の食器棚の背板

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2022年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

無垢材家具専門店のオーダー家具工房Qule|大阪をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む