真樺材のダイニングテーブル加工を始めます。

随分以前に荒削りをしていた真樺材。これからもうこんな幅広の板で目の細かい材は手に入らないと思います。在庫分から探して荒削りを。でも厚みが5cmぐらいあるの少しずつ削っていきます。

予定している厚みの3cmまだ削ってきたので接ぎ合わせをしていきます。

なかなかのサイズ重量もあり少し大変です。

幕板の木取りをして、吸付き桟(反り止材)の加工をしていきます。送り蟻加工。

もうすぐです。完成まで。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. 栗の食器棚 抽斗加工

    栗の食器棚 抽斗加工

  2. カウンター天板の接ぎ合せ

    カウンター天板 接ぎ合せ その2

  3. カウンターテーブル 分解

    カウンターの分解。

  4. 真樺材のダイニングテーブルの加工の続き。

  5. ダイニングテーブルと座卓 納品

    テーブルと座卓の納品

  6. タモ材の小抽斗の製作をしていきます。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031