栗材のオーダーキッチンボードと吊戸棚の段取りから始めていきます。

栗材結構な在庫があったと思ったのですが、木取りをして在庫を見るとあと少ししか使えそうな板が残っていないです。なかなか微妙ですね。まあ今回分は足りそうなので終わってから考えます。

見えるところには、木目の綺麗そうな板を持ってきて欠点の節などは内部の見えないところに持っていき使えるように考えながら木取りをするので、時間がかかってしまします。死に節は埋め木をします。

1週間乾燥させたら接ぎ合わせをして所定の幅の板にしていきます。

今回はそろった長さの物が少ないので、長いクランプが使えずあるクランプで接ぎ合わせをしていくので時間がかかっています。まだもう一回接ぎ合せないと。それと背板と底板もあるので、後1・2日はかかりりそうです。

無垢材家具専門の手作りオーダー家具工房Qule |大阪 羽曳野市

ホーム  https://muku-kagu-qule.com/

instagram https://www.instagram.com/qule.furniture/

facebook https://www.facebook.com/sizen.no.bi

関連記事

  1. 着物チェスト 組手加工

  2. ミラースタンドでいいのかわからないですが。加工していきます。

  3. カウンター下の本棚もうすぐ完成。

  4. ベッド部材

    ベッド材の荒削り

  5. モザイクチェストの扉の製作を始めていきます。

  6. ベッドの塗装

    ベッドの塗装。

オーダー家具工房Qule

072-956-0245・090-3718-5143
平日 9時~18時
日・祝日 9時半~18時
定休日は、不定期ですので、お越しのお客さまは、事前にご連絡をお願いいたします。
また、時間外にお越しの際もご連絡をください。できる限りご対応いたします。

また、
2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930